ようこそゲストさん

Recny

2009/10/06(火) リチウムイオンポータブル「LIP」

電子工作::LIP
去年の年末から構想して、今年の頭くらいから少しずつ進めてきた工作です。
名前が某ゲーム機の語呂をパクって偉そうにリチウムイオンポータブル(全然似てないか…)、でもゲームは全然関係ありません。で、何をする物かというと持ち運びの充電用バッテリーです。有名なのはバリューウェーブが出しているPOCKET MOBAでしょうか。
この会社の商品は出力がUSB端子ですがいろんなものに繋がるように変換コネクタも販売していてかなり便利になってます。今調べたら電源で有名なFILCOも出しているようです、初めて知った。

それを劣化コピーのごとく製作したのがLIPで、スペック的には
・USB-miniB 端子から充電
・3.7V830mAh Li-ion電池搭載
・出力端子USB-A端子
・出力と充電動作は排他動作(同時にできないようにしている)
・充電電流はUSBに優しい100mA前後(約8時間で満充電)
です。バッテリーがデジットジャンク扱いのバッテリーで、この手の用途としては容量が少ないため携帯を満充電まで!などの能力は出ませんでした。それでも600円で売っていたこのバッテリーはなかなかお得だと思います。(2009年9月現在でもかなりの数ありました。)
LIP(sch).PNGLIP_01.jpgLIP_02.jpgLIP_03.jpg
中身を開けた状態の写真、充電中は中の青色LEDが光ります。ケースはタカチのMX2-6-8GSで格好よく仕上げれました。スイッチ部分のケース加工失敗しましたがorz。実際のテストではWillcom携帯のnine+のバッテリを目盛り1から目盛2までを充電。やはり市販品に比べればかなり劣りますが緊急用にはなるので、まぁ良しとします。

今回はできたこと、
・リチウムイオン電池を恐る恐る使用して、通常消費と専用ICによる充電に成功。
・小型なチップ実装のDC/DCコンバータを使用して+5Vの取り出しに成功。
・ただし、効率は実測していない。
MP3プレイヤー製作の布石になったような雰囲気が漂っている・・・?

                  *       *       *

実はこの製作でバッテリーは2個目で、最初DC/DCコンバータ部のショットキーバリアダイオードを逆実装していて動作せず、バッテリーがヤバイ!と思い早々に処分して基板だけになってました・・・。そして、懲りずに2個目を購入して回路図を見直したところダイオード逆接続が発覚し修正後動作がとれて晴れて完成したのでした。

名前:  非公開コメント   

E-Mail(任意/非公開):
  • TB-URL  http://recny.sakura.ne.jp/adiary.cgi/013/tb/