ようこそゲストさん

Recny

2010/02/22(月) USB Blasterもどきの製作

この間から触っているCPLDですが、書き込み器がプリンタポートを使用するByteBlasterMVの自作版なのでノートPCでは使用できません。その関係で、開発はノートPC、書き込みはデスクトップPCといった面倒が生じていました。USB経由で書き込みできるUSBBlasterが欲しくなってきました。
でも純正は非常に高い、そこで互換品などを色々調べた結果、
  1. ALTERA純正 USB Blaster $300(約3万円)
  2. Terasic社 Terasic Blaster \12,075-
  3. 日昇テクノロジー CPLD/FPGA用のダウンロード・ケーブル \3,750-
  4. USB-Blasterもどき \1,000-(?)
があることが分かりました。互換品で安心するならamazonでも売っているTerasicBlasterでしょうけど、それでも気軽に買える価格ではないと思います。かといって日昇テクノロジーはちょっと怪しすぎる気も…。いずれにせよ純正USB Blasterではない以上、自己責任要素(リスク)が出てくるしどうせならもっと面白そうな何かがないかと探してました。そしてしばらく探していたらなんと、「純正もどき」の製作をしている人がいました。しかも日本の方ではないですか。
というわけで、これならかなり安いし自作派に自分にとっては非常に面白いと感じて「USB Blarsterもどき」を「作る」ことに決定しました。

ごちゃごちゃ書きましたが作ったのが、Satoshi OJIKA さんのサイト
USB-Blasterもどきの製作
です。以下が完成品の接続状態、
USBBlaster01.jpg
QuartusIIの認識も全く問題ありません、これはすごいの一言。

そして、どうせなら小さく作っちゃおうということで、こんな感じに作りました。
USBBlaster02.jpg USBBlaster03.jpg USBBlaster04.jpg
基板製作しちゃってますが、ちょっとしたアレでタd(ry
相変わらず小さいのが大好きなので本体ケースもタカチSW-60に収まるサイズ。
純正の1/3以下のサイズではないでしょうか。
そんなわけで、FPGA/CPLD開発環境が快適なりました。

ちなみに、写真にある通り基板は2枚余っています。誰か欲しい人いればメールでもくれれば基板と合わせて配線図とか送りますよ。先着2名様です。


1: じん 2010年02月25日(木) 午後4時24分

はじめまして。私は、「ホームページ作成ガイド」(http://www.pidguide.com/adiary.cgi/hp/)管理人のじん(いわゆるハンドルネームを名乗ることをご容赦下さい)と申します。

早速ですが、貴サイト様にて当サイトと相互リンクさせていただきたく、お願い申し上げます。
突然のお願いで失礼かと思いましたが、どうかお許しくださいませ。
貴サイト様へのリンク設置URLは、http://www.pidguide.com/adiary.cgi/hp/085です。

万が一、リンクについて、差し障りや、お気づきの点などございましたら、ご意見お寄せくださいませ。適切に対処いたします。
この場を借りて失礼しました。
では、失礼いたします。
(特に問題等なければ、返信は不要でございます)

2: recny 2010年03月29日(月) 午後10時56分

返信が遅れて申し訳ありません…今更送信先メールアドレスがないことに気づきましたorz
私のメールはvolty98@recny●sakura●ne●jp です。
@は半角、●はドットに置き換えてください。

3: kou 2010年04月19日(月) 深夜1時06分

初めてコメントさせていただきます。
小さく作られてますね。
私は仕事以外で基板作成を業者に頼んだことが無いのですが、このぐらいの基板だとどれくらいの価格なのでしょうか?
今 USB-Blasterもどき(改)を作っていますが、もし、安いのであれば私もパターン設計にチャレンジしてみようと思います。
いきなり質問で申し訳ありませんがよろしくお願いします。

4: volty 2010年04月19日(月) 深夜1時20分

コメントありがとうございます。
voltyだったりrecnyだったりすいません。(中身は同じです)
小さいことは正義(?)だと思ってまして何でも、小さくしようとしてしまいます(笑
私は実装屋なので容易性よりもサイズ重視をしてしまいます。
実はこの基板は、お仕事と絡めている所為もありまして明確な費用はわかりません:-)
個人でしたら定番のP板.comとなると思いますが、コレだけのために作ったとしても2〜3万円はいくと思います。板厚も1.0mmで金フラッシュなので特注扱いになるでしょうし。勿体無い…。
安い基板屋さんでしたら、海外ブルガリアのOLIMEX、中国のPCBCartもあります。OLIMEXは基板制約が厳しい(細かくできない)ですが、1万円程度で120mmx100mmくらいに好きなだけ面付けできます。PCBCartは、P板.comの安い版・中国版くらいの認識で。設計内容によりますが基板1案件20枚発注でも2万円いかないくらい?

一番良いのは、この手の「ちょこっと」にはメイン基板の横につけるのが吉ですねw

5: kou 2010年04月21日(水) 午後10時27分

返信ありがとうございます。
小さいことは正義はその通りだと私も思います。
ただ、今作っているもどきは信号品質も拘ってバッファを入れたり3.3V供給の為レギュレータを入れたりしてる為どうしても大きくなってしまいます。
そこで、専用基板が格安で起こせないかと思った次第です。
まぁ大きくなっても個人で使うのでなんら問題はないのですが(^^;

6: volty 2010年04月22日(木) 午後11時05分

小さいことを正義だと思ってくれる仲間がいたー^^v
バッファやレギュレータを積むとなると確かに大きくなりますね。
チップを1005としても意外と邪魔になってくるのはパスコンでしょうか。
基板製作は、やはり高いので私もついでを狙ってます。思い切って作るとするならPCBCartで、色々溜め込んだアイデア(基板)を多面付けで製作すれば、1枚単価1000円くらいになるかもしれません。

7: BabyFPG 2010年06月19日(土) 午前6時37分

FPG, CPLDに興味を持ち、ネットを見て回っていて、「USB Blasterもどき」という素敵なものを見つけたのですが、何故か、 http://sa89a.net/mp.cgi/ele/ub.htm
に、ネット接続できません。この作者に連絡して、自作したいと思っているのですが、連絡先をご存知ありませんか?

8: recny 2010年06月19日(土) 午後2時56分

こんにちは、確かにリンクが切れていますね。Googleのキャッシュ表示ではなんとか情報が残っているみたいですが、この作者の方はたしか自宅サーバーで構築されていたように思います。
連絡先ですが、私もわかりません。mixiなどもされていたようで(サイトにあった)その辺りからお探しになるくらいしかないかもしれません。
協力できずすいません。

9: BabyFPG 2010年06月19日(土) 午後4時40分

ご連絡有難うございます。何とか、調べてみます。

10: sa89a.net 2010年12月12日(日) 午後4時33分

sa89a.net管理人です。
製作例拝見いたしました。
とてもコンパクトに作られていて驚きました。
PICもSOIC品を使えばもっとコンパクトに出来そうですね。

追伸
6月末はルータ故障によりアクセスできない状態になっていました。
ご迷惑をおかけいたしました。

11: recny 2010年12月12日(日) 午後7時23分

sa89a様
Recny管理人Voltyです。
コメントありがとうございます。製作された物をネタに勝手に紹介させていただいており恐縮です。
確かにSOIC品ですともっと小さくできそうだったのですが、当方AVRは使っているのですがPICは全然でして、パッケージ違いで若干変わる仕様が怖かったので(笑)やめておきました。
PICへの書き込みも取引先の方にお願いして書き込んで頂いていたりします:-)

先日FPGAカンファレンスに参加した所為でLatticeも面白そうと思ったのですが、このもどきはLatticeも対応しているんですね。至れり尽くせりです。

12: lyra 2011年05月14日(土) 午後6時47分

 Volty様

 どうも、先日基板を送っていただいたlyraと申します。
 GW中にご報告しようと思っていましたが、QuartusIIの操作とVerilogの文法に慣れず、本日ようやくPLDをまともに動かすところまで来ました。Volty様、そして元ネタを提供してくださったsa89a様、どうもありがとうございました。
 これまでMaxPlus2+回路図入力+ByteBlusterという組み合わせできましたが、これからはQuartusII+Verilog入力+USBblasterもどきでがんばりたいと思います。どうもありがとうございました。
 やはり、小さいことは正義ですv(^^

13: Volty 2011年05月16日(月) 深夜0時02分

Lyraさま、お疲れ様です。
うまく動作しているようで何よりです。
マイコンばっかりやっていた私からすると、Velirogはハードウェア記述なのでプログラムしているようで全く違うのでかなり難儀でした。
でもある程度慣れてくると頭の中の回路図がソースコードに落としこめてくるので動いたときのスッキリ感(?)は良いものです。
開発環境が私と全く同じですね、お互いがんばりましょう。

小さいことは正義の賛同者発見(><)b

14: ZeN 2011年08月16日(火) 深夜1時03分

拝見させていただきました。
AlteraとLatticeの両方に対応しているとはすばらしい。
ただ、windows7の64bit版でドライバーが動作するか
ご存じでしたら教えてください。

15: recny 2011年08月16日(火) 深夜1時30分

>ZENさん
こんばんは、両対応たしかにすごいです。作者はsa89a.netさんで私は真似して作っただけですので。
さて、Win7 64bitですが開発環境がWinXPなので試しておりません。言われてみれば確かに今後対応しているか考えておかないといけないことですね。

ご協力できずに申し訳ないです。

16: ZeN 2011年08月18日(木) 午後11時21分

早速のお返事ありがとうございます。

 ドライバー周りは微妙ですね。
32ビット版ドライバーも動くときは動くし
駄目なときはXPモードでも駄目ですし。

つっくてみるしかありませんか。
ノートパソコンはXPなので活用できます。


名前:  非公開コメント   

E-Mail(任意/非公開):
  • TB-URL  http://recny.sakura.ne.jp/adiary.cgi/027/tb/